■Unityメモ_SuperLevelOptimizerを試してみる

Assetの「SuperLevelOptimizer」を試してみようと思います!
こちらのアセットはSceneに配置された大量のオブジェクトを1つにまとめたり
ゾーン分けしてドローコールを減らすように出来るみたいですね。

とはいえ日本語資料もなさそうだし、本家のチュートリアルは英語だし・・・
動画見てわかるところを少し触る程度です。
また、無駄な手順や間違いもありそうです・・・

まずは結合したいオブジェクト以外を非アクティブにした後に
結合したオブジェクトを全選択して、Staticにチェックを入れるようです。

level_1_1
「Yes,change children」を押して、Static化!

次にメニューから「Tools」 → 「NGSTools」 → 「SuperLevelOptimizer」 → 「CreateOptimizer」
と選択して、専用オブジェクトを作成します。

level_1_2

作成した専用オブジェクトを選択すると
「Inspector」に「Optimize」というボタンが現れるので選択します。

level_1_3

処理が終わると、「Hierarchy」上に結合されたオブジェクトが作成されます。
この作られたオブジェクトだけの表示と、結合前のオブジェクトだけを表示した場合の
「Batches」を比較してみましょう。

level_1_4level_1_5

こちらは結合前のオブジェクト表示状態、「Batches」が「162」となっておりますが・・・

level_1_6level_1_7

こちらは結合後のオブジェクト表示状態、「Batches」が「13」となっており、
ドローコールが減少しておりますね!

代わりに「Saved by Batching」が102の増加となってますね。
この「Saved by Batching」がなにかを調べると、複数描画をまとめる機能のようで
今回の機能が働いていることがわかりますね・・・よかった!!

※参考資料
https://www.youtube.com/watch?v=M3b38qSAlZE&feature=youtu.be
https://www.youtube.com/watch?v=UOd4QmQes44&feature=youtu.be
https://www.youtube.com/watch?v=5ShWfQa3GME
https://www.youtube.com/watch?v=W0fqW4XtK2E
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/20130509/1368110060

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA