■Unityメモ_Skele_part1

HaxeFlixelを卒業して、Unityを本格的に開始!
そこで最近購入したAssetの「Skele: 動画工具セット」のメモを残していきます!

AssetStore Skele: 動画工具セット
skele_top

細かい機能について、
AssetStoreの説明やマニュアルがあるのでそれを参照するか、
youtubeのチュートリアル動画を見るとビジュアル的にわかりやすいですね。
簡単に言えばskeleは、Unity上で3Dモデルのボーンアニメーションや
頂点アニメーションなどが作成できます。
要は3Dモデルを自由に動かしてアニメが出来るということで!

そして使用するに当たって注意が必要なことが・・・
どうやらUnity5.3.4p1から不具合(後述)があり、
使用するには該当のバージョン以前が必要そうです。

今回使用するバージョンはこちら
Unity : 5.3.3f1
Skele : 1.9.6p2

3Dモデルとして、Voxelで作ったVoiceroidのゆかりさん達を使います!
voxel_voiceroid

とりあえず簡単にボーンアニメーション作成をメモ
編集メニューの詳しい使い方はこちらの方が解説して頂いているので
大変参考になります!本当にありがたいです!
「藍と淡々」
http://megumisoft.hatenablog.com/entry/2015/08/02/224008

1.SkeleをAssetStoreからインポートする
2.Projectフォルダから動かしたい3Dモデル(FBXなど)のInspectorから
下記のようにGenericに変更する
タブ「Rig」 → 「AnimationType」を「Generic」に変更 → 「Apply」ボタン
generic
3.Projectフォルダから3Dモデルをsceneに配置する
4.Projectフォルダにて、「Animator」を作って3Dモデルにアタッチする
5.UnityメニューからWindow → Animationを選択して
アニメーション画面を表示し、「Create」ボタンで新規作成する
6.配置した3Dモデル内の「Skinned Mesh Renderer」コンポーネントから
「StartEdit」を選択して、編集を開始する
skin
7.アニメーション画面から録画ボタンを選択し、録画を開始する
8.3Dモデルに表示されるボーンを「移動」「回転」「拡大」「縮小」で編集や
IKモードでキーフレームごとにアニメーションを作成します

適当ではありますが、アニメーション作成の様子を動画にしました
オラァ!て感じのパンチですが、10分もかからず作れます!

ちなみに先ほど「Unity5.3.4p1」以降を使用すると
例えば左回転させたはずが、
アニメを再生すると右回転になったりする不具合があります!

これを逐一修正するのは大変難儀します・・・
素直に前バージョンを使いつつ、Unity5.4で直ることを祈りましょう・・・
以上!
正直「藍と淡々」様のサイトのほうが詳しいです。
今後はもう少し踏み込んだメモが残せるといいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA